【Cool Down ×Hip Hop】リラックスムードを演出するおススメの洋楽ヒップホッププレイリスト「chill beat Hip hop nighttime version」

CBD×ミュージック

 「HIP-HOP」は何処と無く「ガチャガチャうるさい」イメージがあるかもしれません。元はディスクをスクラッチした「遊び」から始まった「HIP-HOP」。現在も進化を続け、いろいろなタイプやジャンルを確立し、今も世界中から愛されています。

 今回皆さんに紹介するのは「1日の終わりのCHILL OUT」や、上がりきった気分を「クールダウンさせる」のに役立つ「chill beat Hip-hop-nighttime version」をご紹介いたします。

 近年「HIP HOP」は多くのジャンルが確立されており、バッチバチの「GANGSTA RAP」からアップテンポな曲、ゆったりした「G-FUNK」や「SLOW JAM」に近い曲など多岐に渡ります。

 「chill beat Hip-hop-nighttime version」に選んだ楽曲は「G-FUNK」や「SLOW JAM」に近いものを中心に組んであります。集中して音楽と向き合うのもよし、お酒を飲みながら「BGM」として「ながら聴き」をするのもよし、ユーザーの皆さんに合ったスタイルでお楽しみください。

<音楽鑑賞におススメのアイテム>

 音楽を聴きながらリラックスしたい時、ちょっと贅沢な「大人のリラックス」を体感してみませんか?音楽鑑賞にピッタリな「リラックスアイテム」をご紹介しています。こちらも合わせてご覧ください。

【高濃度CBD】スタイリッシュな日本製CBDブランド「GREEN BULLDOG」のご紹介です。
日本製CBDブランド「グリーンブルドッグ」とは、吸引タイプとグミタイプの双方のCBDアイテムを取り扱うブランドです。 吸引タイプのCBDアイテムは利便性を重視した「使い捨てタイプ」&「交換カートリッジタイプ」からお選びいただけます。 「vape」で吸引も可能、CBDリキッドを蒸気化させ肺呼吸で吸収します。
【COOL&CBD】ストレス発散や不眠症に!吸うCBDのオンラインサイト「+WEED(プラスウィード)」
吸うCBDブランド「プラスウィード」とは、話題沸騰中のCBDアイテムを取り扱うブランドです。 充填不要の使い捨てカートリッジ交換タイプ、便利で簡単な使い捨てポッドタイプ、高純度99%のCBD1000mgパウダーなど、皆様のスタイルにあった商品をお求めやすい価格にてご用意してあります。
【CHILL& RELAX CBD】贅沢なくつろぎを提案するおすすめCBDブランド「CHILLAXY」
贅沢なくつろぎを提案するCBDブランド「CHILLAXY」とは、味や効果の研究を重ね「効果を感じられない」と諦めていたユーザーにも自信持って勧められる商品を取り扱うCBDブランドです。「CHILLAXY」は、ストレスを抱えやすい現代社会の中で、贅沢なくつろぎのCBDライフを提案しております。

<chill beat Hip-hop nighttime version>

 今回ご紹介する「chill beat Hip-hop nighttime version」は、ビートがしっかりしていて聞きやすく、R&Bに近いテンポで夜のシーンに合うナンバーをセレクトしました。

 HIP-HOP=アップテンポなナンバーなイメージが定着しているかと思いますが、実はスローリズムな曲やR&Bに近い楽曲も意外と多いんです。

 ラップだけでなくコーラスとの融合や「R&B」寄りのトラックを引用しているところも「chill beat Hip-hop-nighttime version」の魅力の1つです。

 リラックスしたい時や、ベットでのシーンで音楽を楽しみたい時は「R&B」の方がオススメです。別の記事にてリラックスできる「R&B」をご紹介してますので、そちらも合わせてご覧ください。

 朝目覚めた時や、これから活動する前のリラックスタイム、または休日などの「Deytime」をのんびり過ごしたい方へ贈る「CHILL OUT R&B Daytime Version」はこちら。

 夜リラックスしたい時や1日の終わりに、深呼吸をしながらゆったり楽しむ「心地の良いトラック」と「美しく艶やかな声」による「CHILL OUT R&B Nighttime Version」はこちら。

<How We Do/The Game feat. 50 Cent>

 「Dr.Dre」がトラック提供を行い、コンプトン出身の「The Game」とニューヨーク出身の「50 cent」が歌う「How We Do」。「本物のワルたち」が磨き上げた1曲。超オススメです。

<NIGHT20一押し>

 

<I Do (Wanna Get Close To You)/3LW feat. Loon>

 3LWのキュートな声とは裏腹に、リズムをしっかり刻む深めのビートと「Loon」のゆったりとしたRAPがクセになる1曲。

<Let Me Blow Ya Mind/Eve Feat. Gwen Stefani>

 私の中でかっこいい最強女子No.1の「Eve」。声に伸びがありながら力強く、滑舌も良くてRAPなのに聞き取りやすい1曲。nightシーンにオススメなイメージを持つトラックも魅力。

<Things You Do/DJ Envy & Red Cafe feat. Nina Sky>

 変則的なトラックに「Nina Sky」の優しいコーラスがオススメ。「DJ Envy」のゆったりしたトラックはNightシーンにぴったり。リズムも早すぎず遅すぎずいい感じ。

<Only Dimes/Too $hort feat. G-Eazy & The-Dream>

 ゆったりとした曲調にGANGSTA RAPを乗せる「G-funk」。ラップにクセがなく聴き入りやすいし、トラックが2000年以降のテイストで聴きやすさをUP。

<I Still Luv Her/Shade Sheist feat. Scoe & Don Dolla)>

 機会音の様な声でコーラスを歌う「トークボックス」を取り入れたmellow thune代表格な1曲。リズミカルでありながら「大人しいトラック」がこの曲の甘さを存分に引き出している。

<Queen (Ing Edition)/Shade Sheist feat. Latoiya Williams>

 「G-funk」の特徴が前面に出まくっている1曲。スローなリズム、ゆったりとしたRAP、透き通るコーラス、夜空や夜景をイメージした様なトラックは「G-funk」最大の特徴でありオススメ。

<Ghetto Luv/E-White>

 こちらも「G-funk」の特徴が前面に出まくっている1曲。スローリズムに「E-White」のキレのあるラップが特徴の1曲。

<Make up Your Mind (Remix)/Assorted Phlavors feat. Big Daddy Kane>

 スローテンポでありながらリズミカルなトラックの中に「Big Daddy Kane」の力強いRAPが特徴の1曲。ビートの太さもほどよくて心地良い。

<On & On/SWV feat. Erick Sermon.>

 こちらは少し早いテンポでありながら、軽快なビートと「SWV」のキー高めのコーラスがオススメ。「Erick Sermon」のラップもしっかりリズムに乗せていてカッコいい。

<So Many Wayz/DJ Quik feat. 2nd II None & Peter Gunz>

 「DJ Quick」がリリースするトラックはどこかクセになる中毒性を秘めています。肩でリズムを刻みたくなるMellowなトラックがオススメ。

<Money’s Just a Touch Away/Mack 10>

 MR,GANGSTAの「Mack10」は私の中で「G-Funk」No.1アーティストだと思います。テンポの速いラップでも、どこか落ち着ける声質でHIP-HOPの喧騒をカバー。超オススメです。

<NIGHT20一押し>

 

<Thicker Than Water/MC Eiht>

 こちらは「G-Funk」特有のトラックに力強くラップを込めた作品。優しい曲調と太めのビートが見事にマッチ。ラップのパワーをスローなトラックでうまく調整しているのが特徴。

<I Believe In You/Snoop Dogg & Latoiya Williams>

 曲の始まりが強めのコーラスからスタートする1曲。West CoastのBossが奏でる「I Believe In You」は「Snoop Dogg」の緩めのラップがよく合う。

<II’m a Rider/South Central Cartel>

 テンポが早くリズミカルなトラックが特徴で、アップナンバー部分を抑えMellowな曲使いが特徴の「II’m a Rider」。トラックがクッソカッコ良くてオススメ。

<NIGHT20一押し>

 

<Thug Luv/Shade Sheist & Barbara>

 トラックには跳ねる様なビートを使い、コーラス部分を多く使った1曲。「Shade Sheist」の低い声でのRAPがクセになる1曲。

<This Gangsta Shit Is Too Much/Warren G>

 全体的に少し曲調の早い1曲。テンポが早くても「Warren G」が優しく落ち着いてラップしているのが特徴で、意外と聴きやすいナンバー。

<Creep/TLC>

 「TLC」が奏でるスローなナンバー。曲調やビートがしっかりしていて、聞き手にストレスを与えないリラックスできるトラックが魅力的。

<Smile (Explicit)/G-Unit>

 ゴリゴリのGANGSTA RAPが特徴の「G-Unit」がリリースしたスローナンバー。夜にぴったりなMellow Thuneにお構いなしのGANGSTA RAPがクセになります。

<Big Poppa/The Notorious B.I.G.>

 最後にご紹介するのは世界的にも有名な「The Notorious B.I.G」の「Big Poppa」。曲の始まりから終わりまでリラックスできるリズムに甘いラップが特徴。

<chill beat Hip-hop nighttime versionのまとめ>

 いかがでしたか?他にもご紹介したい曲はたくさんあるのですが、書き切れないほどたくさんあるので厳選してご紹介いたしました。

 「HIP-HOP」は何処と無く「ガチャガチャうるさい」イメージが根強く、あまり好かない方も中にはいらっしゃるかと思います。しかし中には流暢なトラックが多いのも事実です。

 今回皆さんに紹介したのは「1日の終わりのCHILL OUT」や、上がりきった気分を「クールダウンさせる」のに役立つ「chill beat Hip-hop nighttime version」。

 選んだ楽曲は「G-FUNK」や「SLOW JAM」に近いものを中心に組みました。集中して音楽と向き合うのもよし、「お酒を飲みながら「BGM」として「ながら聴き」をするのもよし、ユーザーの皆さんに合ったスタイルでお楽しみください。

 朝目覚めた時や、日中の気分転換したい時に聞きたい「chill beat Hip-hop」daytime versionをご紹介しています。こちらも合わせてご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました