【西海岸G-funk】WEST SIDE COLLECTION・西海岸の秀才達ver.2

ウエストサイドコレクション

 数あるジャンルの中で根強い人気を誇る「HIPHOP」。今では多くのスタイルが確立し、ヒップホップといえど年代やエリア毎に曲調が大きく異なるなど多岐にわたり、現在も進化を続けています。

 数あるヒップホップスタイルの中で「西海岸ヒップホップ」や「G-Funk」というキーワードをご存知でしょうか?英語で表現するならば「WEST SIDE(ウエストサイド)」や「WEST COAST(ウエストコースト)」などの表現にあたります。

 今回ご紹介するのは、西海岸アーティストの中でも指折りの屈強猛者で、独自の西海岸スタイルを持つ3人のアーティスト「South Central Cartel」「B-Legit」「Dj Quik」をご紹介いたします。前回記事の「WEST SIDE COLLECTION・西海岸の秀才達ver.1」と合わせてご覧ください。

<SPONSOR LINK>

<South Central Cartel(サウス・セントラル・カーテル)>

 3人のラッパーと2人のDJ、そしてシンガー1人を含む6人組ユニットで、西海岸ヒップホップ黄金期はもちろんのこと、シーン初期から数々の名曲を世に投下してきたレジェンド・オブ・ウェストコースト「South Central Cartel(サウス・セントラル・カーテル)」

 「N.W.A」や「West Side Connection」の様な組織的ユニットの元祖としても知られており、今でも日本国内のウェッサイパーティーでは流れないことは無いと言っても過言ではない人気っぷりですが、日本ではあまり知られていないアーティストでもあります。

 西海岸ヒップホップの要素として欠かせないG-Funkサウンドを2人のDJが手掛け、こちらもG-Funkには欠かすことのできないコーラスを取り入れ、3人でのマイクリレーにおいて常に技術を磨きながら、ギャングスタラップを華麗に披露するというスタイルを確固たるものにした「South Central Cartel」

 時には攻撃的なライムを、時にはスローバラードの様なギャングスタラップを披露する「South Central Cartel」のおススメ楽曲をご紹介いたします。

おすすめのアルバム
<All Day Everyday/South Central Cartel>

 「South Central Cartel」のおすすめアルバムはこちら「All Day Everyday」。おすすめ楽曲でもご紹介いたしますが「I’m a Rider」をはじめ、とにかくクールでかっこいい楽曲が満載です!初めて聞く方にはおすすめできるラインナップのアルバムです!

おすすめ楽曲①
<I’m a Rider/South Central Cartel>

 メロディーラインの高揚感を用いて流れるようなリズム感を作り、規則正しいリズム打ちを太めのビートで表現した1曲。ビートに合わせてコミカルにラップしており、3人のラップスキルの高さを感じられるおすすめの1曲です!

おすすめ楽曲②
<Gangsta Luv Theme/South Central Cartel>

 「South Central Cartel」の中でもかなりゆったりとしたトラックを使用した1曲。前のめりでゴリゴリのギャングスタラップでも、曲の合間に女性コーラスを取り入れると一気に曲の雰囲気が変わりますね!おすすめです!

おすすめ楽曲③
<Mo Betta/South Central Cartel>

 スローバラードを感じさせるようなメロディーラインと、軽くて軽快なリズム打ちを用いた1曲。ライムは少し切なさすら感じる内容ですが、よく聞いてみると相変わらずイケイケのギャングスタラップです。個人的には切ない雰囲気のトラックに反して強気のライムが癖になってます。

おすすめ楽曲④
<Concrete Jungle/South Central Cartel>

 曲のタイトル「Concrete Jungle(コンクリートジャングル)」にあるように、アンダーグラウンドなストリートを表現するクールな曲。強めで太いビートを軸にシンプルなメロディーでフォローし、言葉を詰め込み過ぎないクールでかっこいいラップがおすすめ!

おすすめ楽曲⑤
<Flash and Cash/South Central Cartel feat. Forty Glocc & Bass Azz>

 ジャズのように明るく開けた雰囲気を取り入れたメロディーラインに、軽快なビートでリズム打ちを表現した1曲。それぞれがゆったりとしたラップを披露し「South Central Cartel」の中でも指折りのアップテンポなナンバーです。

<SPONSOR LINK>

<B-Legit(ビーレジット)>

 声の渋さと堂々とした貫禄、西海岸ヒップホップカルチャーにおいて彼の右に出るものなし。西海岸ヒップホップカルチャーにおいて異彩を放ち、独特のフロウと貫録を見せつけるアメリカ合衆国カリフォルニア州ヴァレーホ出身の「B-Legit(ビーレジット)」

 「B-Legit」が放つリリック内容にはメッセージ性は少ないものの重みがあり、更に声の渋さと独特の貫録によりライムに重みが増し、ラップに重厚感がプラスされ圧倒的なパフォーマンスが確立されています。。ラップはあまり言葉を詰め込まず、どちらかというとゆったりとした雰囲気を感じさせるライミングが多いほど。

 日本では知名度の低いアーティストですが、西海岸においてはベテラン中のベテランです。深みのある声とライミング、そして堂々とした貫禄を醸し出す「B-Legit」のおススメ楽曲をご紹介いたします。

おすすめのアルバム
<hemp Ain’t Easy/B-Legit>

 ハードコアな曲からチルアウトラップまで多彩に表現する「B-Legit」のおすすめアルバムはこちら。リードシングルの「Where the Gangstas At」を筆頭に名曲が勢ぞろい!聞きごたえ抜群のアルバムでおススメです!

おすすめ楽曲①
<Where the Gangstas At/B-Legit feat. Kurupt. Mack10>

 曲の軸に太いビートを取り入れ、やや速いピッチと煽るかのようなメロディーラインが特徴の1曲。「B-Legit」のスキルフルなラップが非常に魅力的です。そして客演に西海岸の大物「Kurupt」と「 Mack10」がクールにラップして曲の完成度を押し上げています!

おすすめ楽曲②
<The Hemp Museum/B-Legit>

 安定した太めのヘビー級ビートと、対極するかのような軽いメロディーを使用したオシャレトラック、軽く流す感じで「B-Legit」がラップを披露した1曲。ベテランのスキルを披露した落ち着きあるライムが非常に癖になります。心地よいトラックもグット!

おすすめ楽曲③
<Round My Way/B-Legit>

 重厚感ある太めのビートに、G-Funkスタイルの曲調を引き立たせるメロディーラインが組まれた楽曲。とにかくトラックが厳つい雰囲気満載で超かっこいいです!そして「B-Legit」の地に足が着くような安定したラップ、100満点です!

おすすめ楽曲④
<WYTB (What You Talkin Bout)/B-Legit feat. Clyde Carson>

 曲の雰囲気をぐっと抑えたシンプルなメロディーラインと変則的なビートが特徴な曲。どちらかというとトラックの演出よりも、マイクパフォーマンスでの勝負を仕掛けた印象的な曲とも言えます。全体的にスローな曲ですがおすすめです!

おすすめ楽曲⑤
<Rap Star/B-Legit>

 スローなテンポにシンプルなメロディーラインを使用した楽曲。トラック全体がスローなため、「B-Legit」のラップが鮮明に表現されています。ライムもギャングスタラップさながらですが、やはり落ち着いた雰囲気の曲はギャングスタラップによく馴染みます。

<SPONSOR LINK>

<Dj Quik(DJクイック)>

 ゆったりとしたG-Funkサウンドに都会的な落ち着いたメロディーラインを表現し、高層ビル群のビル夜景などがよく合う様なチルアウトソングを数多く手掛ける「DJ Quik(DJクイック)」。彼も西海岸ヒップホップアーティストが多く誕生した町「コンプトン」の出身です。

 「DJ Quik」はラッパーを兼ねつつプロデューサー業を主軸におくマルチプレイヤーで、デモテープをきっかけにプロファイルとの契約を獲得し、1991年にファーストアルバムをリリースしたのがキャリアの始まりと言われています。

 ラップスタイルは高いキーの声とコミカルで変則的なラップが特徴ですが、「DJ Quik」が製作したトラックは超1級品の極上G-Funkサウンドが数多く並んでいます。ラップとプロデュース業を巧みにこなす「DJ Quik」のおススメ楽曲をご紹介いたします。

おすすめのアルバム
<Balances & Options/Dj Quik>

 「DJ Quik」の一押しアルバムはこちら「Balances & Options」。「DJ Quik」が本気を出した都会派G-Funkサウンドをがっつり楽しめるアルバムとなっています。私自身もこのアルバムは未だに車などでヘビロテしています。おすすめです!

おすすめ楽曲①
<Diggin’ U Out (Remix)/Dj Quik>

 この曲一言でいうと「超おしゃれ」!洗礼された流暢なメロディーに融合させるかのようなビートラインが最高です。そしてトラックを中和させるかのような「DJ Quik」のトリッキーなラップが見事にマッチ!完成度が非常に高くておすすめ!

おすすめ楽曲②
<Pacific Coast Remix/Dj Quik feat. Ludacris>

 めっちゃくちゃオシャレで洗礼されたリズムと、軽快なリズム打ちが癖になるトラックを引っ提げた1曲。曲にクレジットされていませんが、客演に「Ludacris」を迎えトリッキー×トリッキーなラップバトルをしているかのようなナンバーです。

おすすめ楽曲③
<Well/Dj Quik feat. Mausberg & Raphel Saddiq>

 落ち着きある肉厚ビートを使用し、メロディーラインをオシャレに整えたナンバー。G-Funkサウンドの都会派といえばやはり「DJ Quik」。年代を重ね、曲が古くなっても古さを感じさせないのは完成度が高い証ですね!

おすすめ楽曲④
<We Still Party/Dj Quik>

 クールダウンを諭すかのような太くてリズム打ちの良いビートを使用し、メロディーラインはUPからDownへ誘いつつもコーラスでさらにもう一度上げるという、「DJ Quik」ならではの都会派サウンドが楽しめる1曲、こちらもおすすめです!

おすすめ楽曲⑤
<Medley for a “V” (The P***y Medley)/Dj Quik feat. Snoop Dogg, Nate Dogg, AMG, 2nd II None, Hi-C & El DeBarge>

 超豪華な客演を引っ提げて組まれた楽曲は、メロディーやビートライン共に申し分なしの完成度。これだけ完成度の高いトラックを作れる「DJ Quik」は西海岸ヒップホップカルチャーにおいて外せない存在ですね!

<SPONSOR LINK>

<ウエストサイドコレクション・西海岸の秀才達ver.2のまとめ>

川, 橋, 建物, 構造, インフラ, アーキテクチャ, スカイライン

 いかがでしたか?今回ご紹介したのは、流れる様なチルサウンドを武器に数多くの楽曲をリリースし、G-Funkと言う言葉が生まれる前より活躍しシーンを盛り上げてきた西海岸ヒップホップカルチャーの秀才「outh Central Cartel」「B-Legit」「Dj Quik」の3人をご紹介いたしました。

 気になる楽曲は見つかりましたでしょうか?計8回にわたり「WEST SIDE COLLECTION」をご紹介してまりましたが一旦ここで区切り、次回からはヒップホップの本場、東海岸のアーティストをご紹介していきたいと思います。こうご期待!

PVアクセスランキング にほんブログ村にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました