【JAPAN×HIPHOP】本場に負けず劣らない日本のヒッポホッププレイリスト「Chill Beat Hip-Hop japan」

Other music

 アメリカニューヨークで産声をあげた「HIP-HOP」は、進化を遂げ世界中に影響を与え浸透していきました。世界中にHIP-HOPが広まる中、日本にも「HIP-HOP」が入ってくると瞬く間に広まり、日本独自の進化を遂げて今に至ります。

 今回ご紹介するのは、独自の進化を遂げたHIP-HOP「Chill Beat Hip-Hop japan」をご紹介いたします。日本語でラップするスタイルは独特で、スパニッシュラップのようなスタイルとはまた違った「HIP-HOP」の形です。

 本場のHIP-HOPと比べると少し見劣りしてしまうかもしれません。しかし、日本語という独自の表現方法により、現在は本場に負けず劣らないほどの完成度に仕上がってきました。

 「JAPANESE RAP」はどのようなシーンで聴いてもマッチすると私は思います。音楽として向き合って集中しながら聞くのもよしBGMとして流すのもよし、皆さんにあった楽曲が見つかりますように。

<SPONSOR LINK>

<Chill Beat Hip-Hop japan>

 今回ご紹介する「Chill Beat Hip-Hop japan」は完全に日本オリジナルの楽曲をセレクトしました。今回はシーンに関係なく、オススメしたい楽曲を片っ端からご紹介したいと思います。気持ちが上がるようなトラックや、コミカルなラップやマイクリレーなど楽曲の数は多岐に渡ります。

 本場に負けず劣らない曲調やラップ、リズム打ちのうまさやトラックの完成度などが高い楽曲を中心にご紹介いたします。楽曲を流す際は、アーティスト達のメッセージに耳を傾けながらお聞きください。

<音楽鑑賞におススメのアイテム>

 音楽を聴きながらリラックスしたい時、ちょっと贅沢な「大人のリラックス」を体感してみませんか?音楽鑑賞にピッタリな「リラックスアイテム」をご紹介しています。こちらも合わせてご覧ください。

【green bulldog cbd】スタイリッシュな日本製CBDブランド「green bulldog(グリーンブルドッグ)」
日本製CBDブランド「グリーンブルドッグ」とは、カートリッジタイプとグミタイプのCBDアイテムを取り扱うブランドです。 カートリッジのCBDアイテムは利便性を重視した「使い捨てタイプ」&「交換カートリッジタイプ」からお選びいただけます。 グミは3種類のパッケージをご用意。
【COOL&CBD】いつものリラックスに+αを!吸うCBDのオンラインサイト「+WEED(プラスウィード)」
吸うCBDブランド「プラスウィード」とは、話題沸騰中のCBDアイテムを取り扱うブランドです。 充填不要の使い捨てカートリッジ交換タイプ、便利で簡単な使い捨てポッドタイプ、高純度99%のCBD1000mgパウダーなど、皆様のスタイルにあった商品をお求めやすい価格にてご用意してあります。
【CHILL& RELAX CBD】贅沢なくつろぎを提案するおすすめCBDブランド「CHILLAXY」
贅沢なくつろぎを提案するCBDブランド「CHILLAXY」とは、味や効果の研究を重ね「効果を感じられない」と諦めていたユーザーにも自信持って勧められる商品を取り扱うCBDブランドです。「CHILLAXY」は、ストレスを抱えやすい現代社会の中で、贅沢なくつろぎのCBDライフを提案しております。

<Gila Gila/Awich feat. JP THE WAVY & YZERR>

NIGHT20一押し

 まずは1曲目、ビートの太さやリズムの打ち方が攻撃的で、トラックが本場のHIP-HOPに近い仕上がり。なかなかいい仕上がりのトラックにクールにラップする「Awich」の「Gila Gila」。日本もようやく本場に近づいてきたなと思わせる好印象な1曲、おススメです!

<Bad City – Yokohama/MARIA feat. MACCHO & Shaka Digital>

 YOKOHAMA出身の「MARIA」が世代を超えて「MACCHO」とタッグを組んだ1曲。「MACCHO」のラップ部分は地元横浜の昔話が織り混ぜられていて、なんだか懐かしい気分になってしまいます、、、しまった年齢がバレてしまう(´・_・`)

<Tokyo Drift/TERIYAKI BOYZ>

 とにかく全員ラップが神レベル!世界に発信している映画のテーマソングになる程のクオリティーです。トラックよし、ラップよし、本場のHIPHOPに負けず劣らず、日本のオリジナリティーが出ていて非常に完成度が高い作品です。

<Still Shinin’/NITRO MICROPHONE UNDERGROUND>

 渋谷からキャリアをスタートさせた「NITRO MICROPHONE UNDERGROUND」。8人からのアーティストにより結成され、一人一人がかなりの実力者でレーベルやそれぞれのシーンで活躍している生え抜きアーティスト集団。

<This is 4 the Locos/ZEEBRA Feat. DS455 & Big Ron>

 東京の「ZEEBRA」と横浜の「DS455」、横須賀の「Big Ron」が一堂に介して製作された1曲。それぞれが地元をレペゼンする形でラップを披露しているのが印象的。トラックはビートが太めで悪さ全開がまたクセになります。

<Scenario/DJ PMX feat. Yellow Bucks, DABO & HI-D>

 「DJ PMX」がトラック提供し、アーティストがそれぞれ客演すると言う形の楽曲。本場アメリカではさほど珍しくないのですが、日本ではなかなか出来ないスタイルなんです。それだけトラックの完成度が高い故に実現したスタイルです!

<With You/DJ PMX feat. MC Tyson & AYA a.k.a PANDA>

 こちらも「DJ PMX」がトラック提供した楽曲。客演したアーティストは皆若手で個性あふれるリリックが魅力。トラックは「G-Funk」に寄せたトラックが中心で、ラップなのに曲がなく聴きやすい1曲です。

<It’s Alright/DJ PMX feat. AK-69, YOUNG DAIS (N.C.B.B), DJ☆GO, Ram>

 こちらは「DJ PMX」がトラック提供した中でも、どちらかと言うとベテラン勢が揃って歌われている1曲。トラックは非常に軽快でリズム打ちがよく非常に聴きやすい1曲です。PVもリリースされていて見どころ満載です。

<My Beauty Queen/DJ PMX feat. JOYSTICKK, KOWICHI, ZANG HAOZI & JAY’ED>

NIGHT20一押し

 こちらは女性に対して純愛を歌う内容で、トラックの爽快感が非常に聴きやすくてオススメです。特に春先など気持ちが明るくなるようなタイミングで聴くのがオススメ。ビートも軽快でストレスなく聞き入れます。

<Make It To Da Top/DJ PMX feat. YOUNG DAIS, KOZ, MoNa, CITY-ACE>

 それぞれの生い立ちや、デビューしたときの気持ちや出来事を歌う1曲。トラックは少々切なくなるようなメロディーラインですが、アーティストたちの強いメッセージに力が込められています。

<Conversation Piece/DOBERMAN INC>

 一昔前にEXILEとコラボした事により一躍有名になった「DOBERMAN INC」。力強く流れるような口調でラップするスタイルが魅力。多くのクラブでこの楽曲がプレイされていたのを今でも覚えています。

<Ride In Peace/DS455 feat. II-J & LZ>

ローライダー達の日常を歌った一曲。トラックが「G-FUNK」に近い仕上がりで、リズミカルなトラックにゆったりとしたビートが非常に心地よく感じます。

<Just Good Friends/MARIA feat. MoNa>

 女性ながら低くて太い声で、ラップもコーラスも見事に歌い上げている1曲。「MoNa」のキーが高いラップと「MARIA」の低い声がベストマッチ。トラックはビートも太くて安定しており、聴きやすい1曲。

<ROLLIN’ 045/OZROSAURUS>

 「OZROSAURUS」が地元「横浜」を愛すべく歌われた1曲。曲中に出てくる「045」とは横浜の市外局番なんです。みなとみらいや山下公園、マリンタワーやランドマークタワーなど、横浜にゆかりのあるフレーズをうまくラップに乗せて歌い上げている。

<HOMEYS/E.D.O.>

 RIZEの「SORASANZEN」をリーダーとして結成された6人組ユニット「E.D.O.」。スピード感あるトラックとそれぞれ個性豊かなラップが魅力的な1曲。「SORASANZEN」は本当にラップが上手いし、リリックの言葉選びが最高に上手。

<3 Luv Storiez/DS455 Featuring Phobia of Thug>

 少し落ち着きのある「G-Funk」系のビートに、流れるようなマイクリレーでラップを披露する1曲。コーラス部分も色気があっていいですね!曲にベストマッチでいい感じです!

<GOLDEN MIC (REMIX)/Zeebra Feat. KASHI DA HANDSOME, AI, 童子T, 般若>

 こちらの曲は打って変わってベテラン勢が勢揃いの1曲。「Zeebra」のオリジナルソングにREMIXという形で豪華4名のベテランがマイクリレー。あまりメディアの前では披露しませんが、AIのラップはなかなか上手い。

<Welcome 2 Da Party/DJ WATARAI Feat.HI-D & AI>

 一昔前に渋谷にあるCLUB「HARLEM」を舞台に歌われた1曲。「HARLEM」でこの曲がかかった時はくっそ盛り上がったのを今でも覚えています。少々アップテンポですが、二人のタッグによりR&Bテイストを取り入れ見事に歌い上げています。

<Luxury Ride/Foxxi misQ feat. ZEEBRA>

 この曲の中で「ZEEBRA」が「交差点じゃヘッズが足止めてWHOOO」と歌っていますが、実はそれ私のことです。東京新宿にある明治通りと靖国通りの交差点で信号横断待ちしていた時「ZEEBRA」がエスカレードで通った時にウォーと騒いでいました。お恥ずかしい(実話です)

<AREA AREA/OZROSAURUS>

NIGHT20一押し

 最後にご紹介するのはこの曲「AREA AREA」。ラップの部分は変に英語かぶれすることなく、日本語をうまく組み立てオリジナルティーすら感じさせる1曲。リリース当時は横浜エリアでこの曲を流しながらドライブするのがめっちゃ流行ってました。懐かしい、、、。

<SPONSOR LINK>

<Chill Beat Hip-Hop japanのまとめ>

 いかがでしたか?他にもご紹介したい曲はたくさんあるのですが、書き切れないほどたくさんあるので厳選してご紹介いたしました。

 独自の進化を遂げたJapanese HIP-HOPを集めたプレイリスト「Chill Beat Hip-Hop japan」。日本語でラップするスタイルは独特で、スパニッシュラップのようなスタイルとはまた違った「HIP-HOP」のオリジナルな形です。

 気になる楽曲は見つかりましたでしょうか?日本のHIP-HOPシーンは再び盛り上がってきています。さらに洗練され磨きのかかったアーティストが登場してくれることを心から願っております。

また、別の記事にてそれぞれのシーンに役立つ「いい音楽」をご紹介しています。こちらも併せてご覧ください。

 夜リラックスしたい時や1日の終わりに、深呼吸をしながらゆったり楽しむ「心地の良いトラック」と「美しく艶やかな声」による「CHILL OUT R&B Nighttime Version」はこちら。

 気分が上がらない時に気持ちをリセットしたい、気持ちを前向きにして活気ある1日を過ごしたい時に役立つ「chill beat Hip-hop Daytime Version」 はこちらをチェック!

 「1日の終わりのCHILL OUT」や、上がりきった気分を「クールダウンさせる」のに役立つ「chill beat Hip-hop Nighttime Version」はこちらから!

 メキシコで誕生した「究極のリラックスThune」と言っても過言ではないRAP Music「CHILL&CHICANO」はこちらをどうぞ!

 力強いビートと攻撃的なトラックが心地いい!気分を大きく高め前へ進みたい時に聞きたい音楽「BURNING BEAT HIP HOP R&B」はこちら!

PVアクセスランキング にほんブログ村にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました