【green bulldog cbdレビュー記事】マスカットフレーバーの「cbdフルスぺクトラム 30%カートリッジ」を試してみた。

CBD×レビュー

 グリーンブルドックの「マスカットフレーバー CBDフルスぺクトラム30% カートリッジ」を実際に購入して試してみました。今回試したカードリッチは「エナジードリンク・ブルーベリー」に続いて3つ目の味「マスカット」。

 爽やかな甘みと上品な香りの「マスカットフレーバー」と公式サイトには明記してありましたが、果たしてその味は如何に?吸った感じは?CBDの効果も含め検証してまいります。

 グリーンブルドックの「カートリッジ」についてみなさんご存知ですか?初めての方も、すでにユーザーの方も、改めて「グリーンブルドック」について軽くおさらいをしておきましょう。

<グリーンブルドックのカードリッジとは?>

<左=「カートリッジタイプ」・右=「使い捨てポットタイプ」>

 グリーンブルドックのカートリッジタイプは、吸引するタイプのCBDアイテムです。CBDフルスペクトラムを30%含有しており、私個人的には「CBD中級者向け」のCBD含有量ではないかと感じております。(*個人差があります。)

 面倒なリキッドオイルの充填は不要で、バッテリーにカートリッジを取り付けてボタンを押しながら吸うだけ。たったこれだけで即座にCBD吸引が出来る「非常に便利なアイテム」です。

<グリーンブルドック カートリッジ+バッテリー>

 オイルがなくなったらカートリッジ部分を交換するだけ。たったこれだけの簡単作業でCBDを楽しむことが出来ます。

 グリーンブルドックのカードリッチは、CBD(カンナビジオール)、CBDV(カンナビジバリン)、CBG(カンナビゲロール)、THCV(テトラヒドロカンナビバリン)の成分を抽出したオイルを配合しています。

<そもそもCBDとは何?>

 CBDとは「カンナビジオール (Cannabidiol) 」の略称で、麻に含まれる成分(カンナビノイド)の1つです。CBD成分を引用したアイテムは、海外において大きなブームが起きており、日本でも注目を集めています。

 日本で規制されている「THC」を含まない、麻の成熟した茎から抽出された「CBD」は、日本国内で合法的な使用が認められております。(グリーンブルドックの製品にはTHCは含みません。)

 CBDについて、もっと詳しく知りたい方はこちらの記事を合わせてご覧ください。CBDのもたらす効果や安全性について、日本で規制されている「THC」について詳しく知ることが出来ます。

<グリーンブルドッグの「フルスペクトラム」製品>

 一般的なCBDアイテムに含まれるCBD含有量はおよそ「1~5%」ですが、グリーンブルドッグのCBDアイテムは「CBDフルスペクトラム30%」で販売しております。

 「フルスペクトラム」製品とは、CBD(カンナビジオール)、CBDV(カンナビジバリン)、CBG(カンナビケロール)、THCV(テトラヒドロカンナビバリン)の成分を抽出した「CBDフルスペクトラムオイル」を配合しています。

 グリーンブルドックのCBDは非常に品質が良く、徹底された管理がなされています。安全で高品質なCBDを見分けるポイントを別記事にてご紹介しているので、気になる方はチェックしてみてください。

<マスカットフレーバーを試してみた感想>

 今回、グリーンブルドックのカートリッジタイプを試すのはこれで3回目になります。だいぶお世話になっております!

 というのも、グリーンブルドックのカートリッジは取り扱いが非常に楽で、誰でも簡単にCBDが取り入れられる点が非常に気に入っております。

<今回試してみたマスカットフレーバー>

 持ち運び、充電のしやすさ、アイテムのスタイリッシュさ、ファッション性など、総合的にこのアイテムは「かなり有能なアイテム」と評価いたします。

 初めてグリーンブルドックのカートリッジを試した時は「エナジードリンク」、2回目は「ブルーベリー」、今回はまだ試していない「マスカット」をチョイス。公式サイト内では3位の位置付け。

<グリーンブルドック公式サイトより引用>
<今回試してみた「マスカットフレーバー」>
<今回試してみた「マスカットフレーバー」>

 スタイリッシュなパッケージに包まれた 「マスカットフレーバー CBDフルスぺクトラム30% カートリッジ」*以降「マスカット」と表記* 。相変わらずデザインがCOOLでかっこいい!私個人としてはデザイン◎です。

<上=エナジードリンク・中ブルーベリー・下=マスカット>

 グリーンブルドックのカートリッジに含まれるCBD含有量などの詳細については以下の通りです。

<マスカットカートリッジの成分表>
マスカットフレーバー(無果汁)
生産国日本
CBDフルスペクトラム30%  ※含有成分量が表示値を前後約±15%することがある。
ニコチン0%
タール0%
原材料植物性油脂

 ご覧の通り、依存性を高めてしまう「ニコチン・タール」は一切含まれていません。そのため、タバコを吸った時のような「即効性があり、即座に落ち着く感じ」は得られません。

 依存性がない分、いつでも好きなタイミングでCBDを取り入れられるところが、このアイテムの最大の特徴です。シーンや時間帯に合わせ、場所を選ばずいつでも利用できます。

 カートリッジの吸引方法について、公式サイトにも記載がありましたが、CBDを吸引したら肺に溜めて鼻から少しずつ吐き出していただくと良いです。

 私は静止した状態で吸引して、10秒間息を止めてゆっくり鼻から煙を吐き出すようにしています。深呼吸にCBDを足す感じで、動作は深呼吸と同じですね。

カートリッジの吸引方法

 

<グリーンブルドック公式サイトより>

 気になるフレーバーについてですが、吸った瞬間「マスカットの甘みとほのかな酸味」が口の中に広がり、爽やかな香りがスッと広がりました。吸った後のCBD感(苦味)は感じられずgood!

 吸うタイプのCBDは、吸引して吐き出す際にそれぞれのアイテムによりますが、「オイル感」を感じる場合があります。「オイル感」を感じると、フレーバーに対しての爽快感が落ちてしまいます。

 今回吸引した「マスカット」はオイル感は一切感じられず、スーッとマスカットフレーバーが通り抜けていく爽快な感じ方を体験しました。

<排煙量=大で吸引>

  「爽やかな甘み」と「上品な香り」が特徴と公式サイトにはありましたが、私個人的には若干ですが酸味を感じました。甘味については甘すぎず、香りもしつこくなく、まさに「上品な香り」でした。

 また私個人的な見解ですが「エナジードリンクフレーバー」にも、若干フレーバーと香りが似ているような気がします。また周囲に不快な臭いを残すことはありませんでした。

 ただ、煙を吸って吐く一連の動作がやはり気になりますので、周辺環境には十分な配慮が必要かと思います。自宅などで使用する分には問題ありませんが、屋外等で使用する際は、喫煙マナーを遵守する必要があるかと思います。

 CBDの感じ方については、吸引後約20分~40分くらいでゆっくり・だんだんと気持ちが落ち着き、雑念がなくなり「ボーっとする」とはちょっと違う、無の状態を体験する事が出来ました。(感じ方には個人差があります)

 今回は音楽もお酒も試さず、昼食が終わった午後の休息時に使用してみましたが、やはりCBDを使用すると落ち着きます。眠気を伴うこともないので、リラックスしながらゆっくり過ごす事ができました。

 「CBDフルスぺクトラム30%」はすでに体験済みであったため、効果を体感できたのがすぐにわかりました。「あ、なんか落ち着いてきた」こんな感じ方を毎回私は体感しています。

 また、これらに音楽やお酒を合わせ、リラックスしたムードを作るとより一層CBDがもたらすリラックス効果が高まります。CBDに合うおススメのプレイリストもご紹介していますので、気になる方はチェックしてみてください。

<グリーンブルドック「マスカットフレーバー」のまとめ>

 いかがでしたか?グリーンブルドックのカートリッジタイプ「CBDフルスぺクトラム 30%カートリッジ マスカット味」をご紹介いたしました。

  「爽やかな甘み」と「上品な香り」が特徴のマスカットフレーバーは、若干酸味も感じられ、スーッと口に広がる上品な甘味で、CBDのオイル感が感じられない「文句なしのアイテム」です。

 今回ご紹介した「マスカット」の他に3種類のフレーバーがラインナップ。別記事にて他のアイテムも詳しくご紹介していますので、気になる方は是非チェックしてみてください。

 グリーンブルドックのCBDアイテムをご紹介。様々なフレーバーの特長や、お得な定期購入の情報満載です。気になる方は是非チェックしてください。

 グリーンブルドックのカートリッジタイプ「エナジードリンクフレーバー」と「バッテリー」のレビューはこちらをチェック。

 グリーンブルドックのカートリッジタイプ「ブルーベリーフレーバー」のレビューはこちらをチェック。

グリーンブルドッグ公式


にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました