【失敗しないCBD選び】CBDを始める前に知っておきたい「失敗しないCBDアイテム選び」を詳しく解説!

CBD×アドバイス
<スポンサーリンク>

  皆さんこんにちは、こんばんは!おススメアドバイザーのNIGHT20です。さて今回は「失敗しないCBDアイテム選び」についてご紹介したいと思います。

  「CBDアイテム」を取り扱うメーカーは年々増えており、メーカーそれぞれの特長や利点、お得なサービスや価格設定、メリットやデメリットなど多岐にわたり、まさに千差万別です。

 数ある「CBDアイテム」の中から、自分に合ったアイテムを探すのは少々面倒くさいかもしれません。実際のところ、私も最初は「これでいいや」感覚で適当に選んでしまい、思いっきり失敗した苦い経験があります。

 今回ご紹介する内容は「CBDアイテム」を選ぶときに失敗しない方法について重点を置きます。「CBD」がもたらす効果や安全性については、別の記事内で詳細を解説してあります。気になる方は是非そちらをご参照ください。

  CBDを始める前に知っておきたい「初心者向けCBD解説」を別のページにてご紹介しております。世界中で流行している「CBD」がもたらす効果や安全性について詳しく解説しておりますので、そちらも併せてご覧ください。

<スポンサーリンク>

<失敗しない「CBDアイテム」選びのポイント>

 まずCBDの特性についてご説明します。CBDは、摂取する方法によって効果の現れ方に違いがあります。また、どのような製品をどのような場面で使用するかによって、使用中の感覚も大きく変わってきます。

 それぞれのCBD製品には様々な特色がありますので、その特色を活かせる場面で使用するのが「CBDアイテム」を選ぶときに「最も失敗しない方法」といえます。

 皆さまがCBD選びで失敗しないよう、「CBDアイテム」を選ぶ際の「特に重要なポイント」をまとめてみました。「CBDアイテム」を購入する際は、以下の点に重点を置いて検討してみてください。

「CBDアイテム」を選ぶポイント
  1. 「CBDアイテム」を使用する目的を明確にすること。
  2. 自身のライフスタイルや用途に合ったアイテムを選ぶこと。
  3. 安心できるメーカーのものを選ぶこと。
  4. THCフリーを確認して安全なアイテムを選ぶこと。
<スポンサーリンク>

<POINT.01 使用する目的を明確にすること>

 「CBDアイテム」を取り入れる際、どのような目的で使用されますか?リラックスするため?それともスキンケアやボディケアのため??または健康増進のため???

 CBDは初めてだからよくわからない、既にCBDを使用している、以前使用したCBDでは効果が得られないなど理由はそれぞれかと思います。

 まず初めに、どのような経緯で「CBDアイテム」を取り入れる結論に至ったのかを確認しましょう。CBDを使用した商品は「数千円~数万円」と価格設定は幅広く、決して安価なものではありません。

 高額な「CBDアイテム」を使用したのに効果がいまいちだった・・・などの「悲惨な結果」を招く前に、先ずは目的を達成するための「正しいプロセス」をハッキリさせておきましょう。

 健康のためにCBDを利用する、CLUBで音楽を聴きながらCBDを楽しみたい、ストレスで寝付けない日々を少しでも和らげたいなど、理由は人それぞれ、ご自身の目的を確かめてみてください。

STEP.01 まずは使用目的をはっきりさせ、CBDアイテムを使用した後の効果をイメージしてみよう!

<スポンサーリンク>

<POINT.02 ライフスタイルや用途に合ったアイテムを選ぶこと>

 「CBDアイテム」の使用目的が明確になったら、次は目的を達成してくれるアイテム選びです。「CBDアイテム」は世界中にて市場を拡大させており、アイテムの種類やCBDの摂取方法も様々です。

 一方、私たちのライフスタイルも様々であり、忙しいサラリーマンや専業主婦の方、パワーみなぎる若者など、生活環境や活動する時間帯など必ずしも同一とは限りませんよね?

 「CBDアイテム」は様々なライフスタイルや年齢にも対応する「健康増進アイテム」です。自分の生活リズムの一部として取り入れることが、CBDを迎える第一歩となります。

 CBD初心者の方や手軽にCBDを取り入れたい方は、グミやビスケットなどの「CBDエディブル」がおススメです。価格も比較的安価なものが多いため「先ずはお試し」で始めるのに最も適しています。

 継続して一定量のCBDを取り入れたい方は「オイルやサプリメント」がおススメです。仕事の合間に手軽に摂取でき、持ち運びが便利な点は最大の強みであり、CBD濃度も自由に選ぶことができます。

 シーシャ(水タバコ)やベイプ・電子タバコのような「リキッド」アイテムは、CBDを素早く取り入れるのにおススメです。音楽を聴きながらリラックスしたい時や、就寝前のリラックスタイムで大きな力を発揮します。

 体外から摂取する「トピカル」アイテムは、CBDを配合したシャンプーやボディークリーム、頭皮ケアやお肌のケア専用アイテムも幅広く販売されており、スポット的にCBDを取り入れたい方におすすめです。

STEP.02 自身が求めた効果が得られる「CBDアイテム」の種類を選択しよう!

 CBDを選ぶ前に知っておきたい「CBDアイテムの種類」を詳しく解説しています。是非そちらもご参照ください。

<スポンサーリンク>

<POINT.03 安心できるメーカーのアイテムを選ぶこと>

 使用したいCBDアイテムの種類が決まったら、次はメーカーを選びましょう。メーカーを選ぶ際に特に注意しなくてはいけないポイントがあります。それは「安心できるメーカーかどうか」です。

 CBDの原材料となる「大麻」は、日本国内において生産・所持などが厳しく規制されており、CBDの生成はおろか、原料の調達が日本では出来ません。そのため海外からの輸入が基本となっています。

 日本国内では「大麻取締法」により、大麻の使用は固く禁止されておりますが、大麻成分に含まれるCBDについては「大麻草の茎と種子から抽出したもの」に限り使用が認められています。

 粗雑な原材料を使用した「CBDアイテム」を使用したことにより、健康被害はおろか日本国内に法律に抵触した場合は本末転倒ですよね?それらを防止するため、メーカー選びはとても重要です。

 「CBDアイテム」を取り扱うメーカーを選ぶポイントとして、「CBD生産者やCBDブランド、原材料の生産地」などが確認できるメーカーを選ぶように心がけてください。

 また「CBD原料を輸入して製造を日本で行う」など、製造や開発の段階において、しっかりと国内の基準に則ったチェックを行っているブランドが「最も優良で安心できるメーカー」だと私は思います。

 特に「生産者・原料メーカー・CBDブランド」がそれぞれ直接つながっていることは、なおさら安心できる判断材料です。詳細を確認する場合は「メーカーホームページの確認や問い合わせ」により確認をしてみましょう。

STEP.03 「CBD生産者・CBDブランド・原材料の生産地」などが確認できるメーカーを選ぼう!

 より安全な「CBDアイテム」を選ぶポイントを、下記の記事にて具体的にご紹介しています。こちらも併せてご参照ください。

<スポンサーリンク>

<POINT.04 「THCフリー」を確認すること>

 CBDアイテムの使用用途・アイテムの選定・メーカー選びが終わったら、最後にもう一つみなさんに確認していただきたい内容があります。それは「THCフリー」であるかの確認です。

 「THC」とは、いわゆる「ハイ」になる精神作用をもたらす成分であり、日本国内では「大麻取締法」の規制対象となっており、厳しい取り締まりが行われています。

 法令を遵守することは大前提ですが、それ以外にも「THC]を摂取したことによる「大麻依存症」や「幻覚作用」などの健康被害をもたらす要因となってしまいます。

 安心のできるメーカー選びとして「THCフリー」を証明することはとても重要です。特に原材料の輸入時や、製品製造過程で「THCフリー」を確認しているメーカーは、最も信用できるメーカーです。

 一概にホームページ等で「THCフリー」が確認できなかった場合、必ずしも危険なメーカーとは限りませんが、健全で法令を遵守しているメーカーは、THCフリーを証明できる資料を公開しています。

 もしホームページなどで確認できなかった場合は、メーカーに直接問い合わせするのが良いと思います。もしそこでも照明が確認できなかった場合は、購入を控えるか別のメーカーに変更しましょう。

STEP.04 「THC」が含まれていないかしっかり確認しよう!

<スポンサーリンク>

<私が実際に経験した体験談「無知が生んだ遠回り」>

 最後に、私がCBDアイテムに出会ってから現在までの経緯を記載しておきます。結論から言うと失敗談です。「無知が生んだ遠回り」と題すればピッタリかもしれません。みなさんが同じ失敗を踏まないよう是非とも参考としてください。

「CBDアイテム」に出会ったきっかけ

 「CBDアイテム」に出会ったきっかけは「寝つきの悪さを何とかしたい」でした。私は本業で建設業に携わっており、夜間に勤務する場面も多く、夜間作業に従事してから間もなく20年が経とうとしています。

 年々業務が多忙を極めり、責任ある立場で業務に従事することが多くなった私は「仕事前の仮眠や仕事後の就寝時」において寝付きが非常に悪くなってしまいました。

 原因は「業務多忙によるストレス」、そして「責務の重圧による不安感」でした。幸いなことに、私なりに不眠の原因は特定できていたので「どう改善するか?」の課題をクリアするだけでした。

 ストレス発散不眠症を解決するべく、色々な改善方法を調べたり寝具を変えてみたり、医者に相談したりといろいろと手を尽くしたのを覚えています。そこで偶然にも出会ったのは、吸引タイプの「CBDリキッド」でした。

自分に合わないCBDを使用し、長い遠回りが始まります

 「CBDリキッド」に出会ったきっかけは、ナイトクラブで一緒に遊んでいた友人より譲り受けたものです。「不眠症とかにも効果あるみたいだよ?」という言葉を信じ、安全かどうかも確認せず「ただなんとなく」使用したのが始まりです。当然その頃の私はCBDに対して全くのド素人でした。

 使用したCBDリキッドは、CBD中級者向けクラスのCBD含有量であり、CBD初心者の私にとっては効果をあまり感じられませんでした。(効果はあったのですが、どの状態が「効果が出ている状態」か全くわかりませんでした。)ただ何となくすっきりした感じはあったのを今でも覚えています。

 CBDが初めてだった私は、いきなり強力なCBDを摂取して「効果の実感が分からない状態」だったため、「こんなもんか・・・」と落胆しつつも、同アイテムをだらだらと継続して続けてしまいます。今だから言えますが、CBD初心者の私にはまだ早すぎたアイテムだったのです。

 譲ってもらったCBDリキッドについてなんとなく調べていたら「大麻草・ハイになる?・違法??」など、びっくりキーワードが出るわ出るわでめちゃくちゃ焦りました。ここで初めてCBDの安全性について思い知らされることとなったのです。

 元々タバコを吸わない私には、吸引タイプに抵抗感があり、喫煙者の様に吸う場所も選ばなくてはなりません。安全かどうかもよくわからない「CBD」という存在に対し、結果半年ほど継続して限界を感じてしまい、満足した結果を得られないままCBDをやめてしまいます。

遠回り途中で見つけた思わぬ「収穫」

  譲ってもらったCBDリキッドを調べていた際、びっくりキーワードに翻弄された半面、思わぬ収穫がありました。それは「リラックス効果・不眠症対策に一定の効果」があることを特定したことです。偶然にも、WHOがCBDについて推奨したコラム記事を発見したのです。

 それと同時に、グミやオイル・サプリメントなど、多岐にわたるラインナップがあることを初めて知知ったのです。さらに私だけが知らなかったのですが、雑誌やメディアに意外と掲載されており、大手百貨店での取り扱いがされていることを知りました。

 お恥ずかしいことに、特に調べもせず適当にCBDを頼った挙句失敗し、思いっきり金と時間を無駄にした自身の「遠回り」に初めて気がついた瞬間でした。お恥ずかしい限りです・・・。ここで改めて情報収集を徹底し、自分に合ったCBD探しを再開するきっかけとなりました。

自分に合ったCBDを使用し「不眠症改善」というゴールに到着

 CBDに初めて出会った頃、私の無知が災いし、効果や安全性を全く調べずにCBDを利用した結果、時間と費用だけが泡のように消えてなくなりました。効果は得られず症状改善せず。しかしCBDには不眠症に対して効果がある、諦めがつかない状態であった時、ある「1つの結論」にたどり着きます。

 それは「まずはお試し&百貨店でアドバイスを受けてから買う」という、とても初歩的な答えでした。この答えに行き着くのに多くの遠回りをしてしまいました。正しい情報がつかめず、というかよく調べず、安全性や信憑性の確認を怠ったことが大きな原因でした。

 偶然にも、都内某所の百貨店にてCBDアイテムの取り扱いがあることを知り、先ずはお試しで「オイルとグミ」の2種類を購入してみることに。店員さんによる簡単なカウンセリングを受け、自分のライフスタイルに合わせて、無理なく続けられるアイテムを選ぶことが叶った瞬間でした。

 購入したアイテムは少し割高でしたが、高品質なアイテムであったことが後で調べて分かりました。自分の体に合ったCBDアイテムを摂取したことにより、時間は少しかかりましたが不眠症は見事克服する事が出来ました。

 不眠症が改善した現在では、CBDアイテムの摂取は月に数回程程度まで抑えています。「オイルとグミ」は常備して、いつでも摂取できる環境を継続しています。 たまに眠れないときもあるので、その際は迷わず「CBDアイテム」を服用しています。

<スポンサーリンク>

<失敗しない「CBDアイテム」選びのまとめ>

 いかがでしたか?記事の後半は私の「遠回り体験談」が中心となってしまいましたが、皆様がCBDを始めるにあたり、少なからず参考になったのではないでしょうか?

 「CBDアイテム」は決して安価なものではありませんので、軽はずみに始めるのはよくありません。私の様に時間と費用を無駄にしてしまったり、最悪の場合は、不良品を購入したことによる「健康被害」や「法律への抵触」に遭遇することです。

 冒頭部分でお話ししたように、「CBDアイテム」を使用する目的を明確にし、自身のライフスタイルや用途に合ったアイテムを選び、安心できるメーカーのもとTHCフリーを確認することがとても重要です。 皆さんが少しでも良い「CBDアイテム」と出会えることを願っております。

また別のページにて、CBDを始める前に知っておきたい「それぞれのポイント」を詳しくご紹介しています。参考までに、そちらも併せてご覧ください。

PVアクセスランキング にほんブログ村にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました